かいせいクリニック

受付時間 8:30~11:30 / 13:30~17:30
診療時間 9:00~ / 14:00~(整形外科14:30~)

※もの忘れ外来は火・木の午前中のみ診療
※呼吸器専門外来は水の午前中のみ診療TEL 098-858-5577

整形外科

整形外科

整形外科で扱われる疾患は非常に多く範囲も全身に及びます。 生命に直接かかわる疾患は少ないのですが、痛みが長期間続き肉体的、精神的ストレスとなりADL(生活の質)の低下をもたらします。当院ではリハビリテーション、薬物療法、ペインクリニック等を組み合わせ痛みの軽減を図っております。

膝の痛み

慢性的な膝の痛みでお困りの方は多いと思います。
その多くは膝関節の軟骨が擦り減ってしまう変形性膝関節症によるものです。 原因としては長年の使い過ぎによる摩耗が考えられますが、若いころの膝外傷に起因するものもあり、 比較的若い年齢で発症することもあります。痛みのため歩行が困難になり日常生活に障害が生じ、 立ち上がることもおっくうになってしまいます。さらに下肢の運動不足を助長し、全身の筋力低下をもたらし、さらなるADLの低下につながります。
再生医療の研究が進められておりますが、現時点では一度減ってしまった軟骨を元に戻すことは不可能です。
巷には数多くのサプリメントがあふれていますが、医学的に効果が証明されているものはほとんどありません。 当院では変形性膝関節症に対し積極的にリハビリを行い、痛みのない範囲で可動域の改善、筋力強化による安定した歩行を目指してまいります。
又、関節内にヒアルロン酸の注射を行うことで動きがスムーズになり、疼痛緩和も期待できます。さらに新たに開発された治療薬により疼痛コントロールが可能になってきております。不幸にして高度の変形が生じてしまった患者さもに対しては、手術を検討して頂くため手術実績の高い病院を紹介させていただいており、当院で術前、術後のリハビリを行ってまいります。

肩の痛み

肩の痛みで腕が挙がらずお困りの方も多いと思います。四十肩、五十肩と思いあきらめてしまっている方も多いと思われますが、肩の痛みの原因は多岐にわたります。中でも腱板と言われる肩関節を支える組織の損傷は、自然治癒が見込まれず長年痛みに悩まされることになります。痛みのため肩を動かさないでいるとどんどん動きが制限されてしまいます。
当院では痛みのない範囲でのリハビリを積極的に行い、肩関節の動きの改善をめざします。又、夜間に痛みが強くなるという肩特有の問題に対し、薬による疼痛コントロールを行い、ヒアルロン酸注射により疼痛改善とスムーズな動きの獲得を目指します。

骨粗しょう症

人口の高齢化に伴い骨粗しょう症の患者様が増えています。特に女性の方は閉経後、骨を壊す破骨細胞の働きを抑えていた女性ホルモンが足りなくなり骨粗しょう症が急増します。骨粗しょう症は通常無症状のまま進行しますが、ある時ささいなきっかけで腰椎骨折、大腿骨骨折を発症してしまいます。中には何のきっかけもなく骨折をしてしまう”いつの間にか骨折”を起こしてしまう方も見られます。骨粗しょう症は一旦進行してしまうと改善させることが困難です。現在様々な治療薬が開発されておりますが、骨密度を劇的に上昇させることとは困難です。骨粗しょう症による骨折を防ぐには早期発見、治療が一番です。又、適切な食事、運動により予防することも可能です。当院には精度の高い骨密度測定器が設置されております。早い時期から定期的な骨密度測定を行い、骨粗しょう症を防ぎましょう。

担当医紹介

整形外科医
花村 泰範

受付時間 8:30~11:30 / 13:30~17:30
診療時間 9:00~ / 14:30~
※リハビリは予約制となっております。 TEL 098-858-5577

©かいせいクリニック